上野竜生です。問88の答えを発表します。

問88

2021以下の自然数の集合をAとする。
(1) Aからうまく異なる4つの自然数a,b,c,dを選べば次の4つの値がすべて素数になることを示せ
a+b+c , a+b+d, a+c+d , b+c+d
(2) Aからどのように異なる5つの自然数a,b,c,d,eを選んでも次の10個の値がすべて素数になることはないことを示せ
a+b+c , a+b+d , a+b+e , a+c+d , a+c+e , a+d+e ,
b+c+d , b+c+e , b+d+e , c+d+e

 

答え

(1)a=1,b=3 , c=7 ,d=9とすると
a+b+c=11 , a+b+d=13 , a+c+d=17 , b+c+d=19ですべて素数
(2)a,b,c,d,eは異なる自然数だからa+b+cなどはすべて6以上になり,3の倍数ならば素数ではない。
a,b,c,d,eを3で割った余りを考える。
もしa,b,c,d,eの中に3つ以上3で割った余りが同じものが含まれていればそれらの和は3の倍数になるので素数ではない。
またa,b,c,d,eの中に3で割った余りが0,1,2になるものがあればそれらの和は3の倍数になるので素数ではない。
よって余り0,1,2のうち2種類以下でかつ同じ余りは2個以下でなければならない。
そのような取り方は最大で4個の自然数しか選べないので5個の自然数を選べば必ず3の倍数になるものが現れ,素数にはならない。

 

 

 

解説を読んで数学がわかった「つもり」になりましたか?数学は読んでいるうちはわかったつもりになりますが演習をこなさないと実力になりません。そのためには問題集で問題を解く練習も必要です。オススメの参考書を厳選しました

<高校数学> <大学数学> さらにオススメの塾、特にオンラインの塾についてまとめてみました。自分一人だけでは自信のない人はこちらも参考にすると成績が上がります。