余弦定理 三角形の最強の公式

上野竜生です。余弦定理は三角形に関する定理でかなり重要です。露骨に余弦定理を使う問題として出題するつもりじゃなくてもあらゆるところにでてきます。ここの知識があいまいだと図形問題で大きく失点することになります。

余弦定理

余弦定理
AB=c, BC=a, CA=bとするとき
$$ \cos{A}=\frac{b^2+c^2-a^2}{2bc}$$

余弦定理参考図

第一,第二とありますが移項しただけとお考え下さい。

余弦定理を使うパターンはたくさんあります。

スポンサーリンク

<パターン1>cosの値を求めるとき

これは誰でも余弦定理だときづくでしょう。すべての辺がわかっていれば(変数などでも可)この方針が使えます。

<パターン2>sinの値を求めるとき

外接円の半径が与えられていないときは余弦定理でcosを求め,それをsinに変換する方法が使えます。三角比は基本的にどれか1つわかれば残りはすべて出ます(±の違いはありますので問題文に「鋭角」とか「90°未満」などの表現がないかチェックしましょう)

<パターン3>長さを求めるとき

sinでもcosでもなんでもいいので角度がわかっていてかつ辺の長さを求める場合も余弦定理が使えます。センター試験頻出なので覚えましょう。

ところで余弦定理も正弦定理と同様,比較的間違えやすいです。例題を見ていきます。

<例題>AB=5 , AC=6 , \( \cos{A}=\frac{1}{4}\)のときBCの長さは?

基本中の基本問題ですがこれでもあらゆる間違いが起きます。皆さんも1度考えてみてくださいね。

余弦定理例題

・・・

・・・・・・

できましたか?

正解は

\( BC^2=5^2+6^2-2\cdot 5 \cdot 6 \cdot \frac{1}{4}=25+36-15=46 \)

よって\( BC=\sqrt{46} \)

これが求められないようでは不合格です。間違いパターンをいくつか挙げておきます

・\( BC^2=5^2\cdot 6^2-2\cdot 5 \cdot 6 \cdot \frac{1}{4} \)(最初の+が×)

・\( BC^2=5^2+6^2+2\cdot 5 \cdot 6 \cdot \frac{1}{4}\)(-2cosAが+2cosA)

・\( BC^2=5^2+6^2-\cdot 5 \cdot 6 \cdot \frac{1}{4} \)(係数ミス)

・\( BC=5^2+6^2-2\cdot 5 \cdot 6 \cdot \frac{1}{4} \)(BC2ではなくBC)

などなど・・・意外とa,b,cが混同するミスは少な目ですが係数の間違いが多いです。余弦定理は序盤で使うことも少なくはなく,そこで間違うと意味がありませんし図形問題が出ればかなりの確率で登場しますのでミスのないようにしましょう。正弦定理より頻度は高いです。

ところで,正弦定理・余弦定理とくれば「正接定理」ってないのでしょうか?

答えはYES(存在する)です。ですがほとんど使い物になりませんし余弦定理さえあれば・・・って感じですので覚える必要はありません

三角形の最強の定理は「三平方の定理」だと思う方がいると思いますが余弦定理は三平方の定理を含んでいます。(∠A=90°ならcosのところが0になるため,三平方の定理ができる)なので三平方の定理よりも強いでしょう。(余弦定理の証明には三平方の定理を使うので三平方が全く意味ないわけではありませんが・・・)

三角形の最強の定理「余弦定理」をマスターしましょう。

数学はもちろん他の科目も勉強できる「スタディサプリ」なら人気講師の授業動画で、塾にいかなくてもまるで塾にいったかのような勉強ができます。塾と比較すると格安で、しかも無料おためしもできます。当サイトオススメのサイトです。


スタディサプリについて解説したページはこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする