バレンタインジャンボの平均(期待値)と分散・標準偏差

上野竜生です。前回の年末ジャンボの期待値の計算が好評だったのでバレンタインジャンボでも同様に計算することにしました。電卓を使い計算ミスには注意してますがミスがないとは言い切れませんので注意してください。

バレンタインジャンボ期待値・標準偏差

スポンサーリンク

バレンタインジャンボ

等級 金額(x) 確率(p) xp x2p
1等 2億円 1/1000万 20 40億
1等前後 5000万円 2/1000万 10 5億
1等組違い 10万円 99/1000万 0.99 99000
2等 1000万円 5/1000万 5 0.5億
3等 100万円 1/10万 10 0.1億
4等 10万円 2/10000 20 200万
5等 1万円 1/1000 10 10万
6等 3000円 1/100 30 9万
7等 300円 1/10 30 0.9万
バレンタイン 2万円 4/10000 8 16万

期待値はxpの合計で143.99円

x2pの合計は45億6245万8000でここから分散は4562437266.8799

標準偏差は67545.816となりました。

1枚300円なので期待値は47.99%といつも通りの低さです。

バレンタインジャンボミニ

等級 金額(x) 確率(p) xp x2p
1等 2000万円 5/1000万 10 2億
1等前後 500万円 1/100万 5 2500万
2等 200万円 1/10万 20 4000万
3等 10万円 2/10000 20 200万
4等 1万円 1/1000 10 10万
5等 3000円 1/100 30 9万
6等 300円 1/10 30 9000
バレンタイン
ミニ賞
2万円 1/1000 20 40万

期待値は145円

x2pの合計は2億6759万9000
分散は267577975
標準偏差は16357.811となりました。

1枚300円なので期待値は48.33%といつも通りぐらいです。

1枚300円で期待値が149円超えするのは年末ぐらいなので今回は可もなく不可もなくといった感じでしょう。

数学はもちろん他の科目も勉強できる「スタディサプリ」なら人気講師の授業動画で、塾にいかなくてもまるで塾にいったかのような勉強ができます。塾と比較すると格安で、しかも無料おためしもできます。当サイトオススメのサイトです。


スタディサプリについて解説したページはこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする