線形常微分方程式の解法

上野竜生です。線形常微分方程式の解法について紹介します。

線形常微分方程式の解法

まずは最もシンプルな場合です。yをxで微分したものをy’ ,2回微分したものをy” ,3回微分したものをy”’・・・,n回微分したものを\( y^{(n)} \) と書くことにします。

y”’+ay”+by’+cy=0のような常微分方程式の場合

つまり,右辺は0,左辺はy,y’,y”,y”’などの和やそのスカラー倍のみで書かれているものの場合

まず「y」に1を,「y’」にλを,「y”」に\( \lambda^2 \)を,・・・「\( y^{(n)}\)」に\( \lambda^n \)を代入してできる方程式を解きます。その解をλ12,・・・,λnとします。

λの解に重解がないとき,\( y=C_1 e^{\lambda_1 x}+C_2 e^{\lambda_2 x} + \ldots + C_n e^{\lambda_n x} \)が常微分方程式の解になります。(\(C_1,C_2,\cdots ,C_n\)は任意定数)

λの解に重解があるとき,例えば\( λ_1 \)が重複度kの重解のときは\( e^{\lambda_1 x}\)の係数が\( C_1\)ではなく\( (C_{1,1}+C_{1,2}x+\cdots +C_{1,k}x^{k-1}) \)という風にk-1次式になります。(\(C_{1,1},\cdots ,C_{1,n},\cdots , C_{n,n}\)は任意定数)

例題

yを実数値関数とする。次の常微分方程式を解け
(1) y’=2y
(2) y””-2y”’-y”+2y’=0
(3) y””-5y”’+9y”-7y’+2y=0
(4) y”+y=0

任意定数がC1,C2だったりA,B・・・だったりしますが特に意味はありません(見やすくするためです)

(1)右辺を移項するとy’-2y=0となるのでこれは線形常微分方程式です。

方程式はλ=2なので\( y=Ce^{2x} \)が解となります。

(2) \( \lambda^4-2\lambda^3-\lambda^2+2\lambda=(\lambda+1)\lambda(\lambda-1)(\lambda-2) \)なので

この解はλ=-1,0,1,2となりもとの微分方程式の解は

\( y=C_1 e^{-x} + C_2 e^{0x} +C_3e^{1x}+C_4e^{2x} \\
=C_1 e^{-x} +C_2+C_3 e^x + C_4 e^{2x} \)

と求まります。

(3)\( \lambda^4-5\lambda^3+9\lambda^2-7\lambda+2=(\lambda-1)^3(\lambda-2)\)なので

この解はλ=1(3重解),2です。よってもとの微分方程式の解は

\( y=[ ? ] e^x + C_2 e^{2x} \)の形になり,3重解なので[ ? ]は2次式になります。よって

\( y= (A+Bx+Cx^2)e^x+De^{2x} \)が解です。

(4)\( \lambda^2+1=0 \)の解はλ=±i

よってもとの微分方程式の解は

\( y=C_1e^{ix}+C_2e^{-ix} \)

複素数も含めればこれでOKですがさらに計算することができます。

\( y=C_1(\cos{x}+i\sin{x})+C_2(\cos{x}-i\sin{x})\)

\( C_1,C_2 \)は定数(複素数かもしれない)のでさらに実数値関数になるように整理します。すると

\( y=A\cos{x}+B\sin{x} \)と書くこともできます。

スポンサーリンク

右辺が0でない場合

右辺が0でない場合もまずは右辺が0だと思って解き,その解を求めます。

さらに(左辺)=(右辺)の方程式の解をなんでもいいので1つ見つけてきます。

その2つの答えを足したものが解となります。

例題

次の常微分方程式を解け
(1) y”-4y=12
(2) y”-4y=\( e^{x} \)
(3) y”-4y=\( e^{2x} \)

(1)~(3)ともにy”-4y=0の解\( y=Ae^{2x}+Be^{-2x} \)までは見つけたものとします。

(1)なんでもいいのでy”-4y=12を満たすものを探します。意外とすぐにy=-3が見つかります。(基本的に右辺が多項式の場合,答えも多項式だと思えばいいです)よって答えは

\( y=Ae^{2x}+Be^{-2x}-3 \)となります。

(2)\( y=Ce^{x} \)が答えになりそう・・・と予想はできます。実際に左辺に代入すると\( C=-\frac{1}{3} \)となるので答えは\( y=Ae^{2x}+Be^{-2x}-\frac{1}{3}e^x \)となります。

(3)\( y=De^{2x} \)が答えになりそう・・・と予想できますが先ほどと違い,うまくいきません。なぜなら\( De^{2x} \)はすでに(右辺)=0の場合の解になってしまっているからです。まるで重解をもっているようです。そこで\( y=Dxe^{2x} \)が答えになりそう・・・と予想します。これを左辺に代入すると

\( D(4+4x)e^{2x}-4Dxe^{2x}=4De^{2x}=e^{2x}\)となり\(D=\frac{1}{4} \)がわかります。よって答えは\( y=(A+\frac{1}{4}x)e^{2x}+Be^{-2x} \)となります。

数学はもちろん他の科目も勉強できる「スタディサプリ」なら人気講師の授業動画で、塾にいかなくてもまるで塾にいったかのような勉強ができます。塾と比較すると格安で、しかも無料おためしもできます。当サイトオススメのサイトです。


スタディサプリについて解説したページはこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする