上野竜生です。問6の答えを発表します。

問6

ある自然数\(n\)に対し\( (1+\sqrt{2})^n \)を計算すると整数部分は
263672646となった。この\( n \)と整数\( x,y \)に対し
\( (1+\sqrt{2})^n=x+y\sqrt{2} \)と表すとき\(x \)の値はいくらか?

 

答え

共役性より

\( (1-\sqrt{2})^n=x-y\sqrt{2} \)となる。

\( (1+\sqrt{2})^n+(1-\sqrt{2})^n=x+y\sqrt{2}+x-y\sqrt{2}=2x \)

整数部分についての条件より263672646≦\((1+\sqrt{2})^n\)<263672647

\( -1<1-\sqrt{2}<0\)より\( -1<(1-\sqrt{2})^n < 1 \)

よって263672645<2x<263672648

xは整数だから2xは偶数であり2x=263672646

よってx=131836323

 

ちなみにn=22,
\( (1+\sqrt{2})^n=131836323+93222358\sqrt{2}\)です。

 

 

解説を読んで数学がわかった「つもり」になりましたか?数学は読んでいるうちはわかったつもりになりますが演習をこなさないと実力になりません。そのためには問題集で問題を解く練習も必要です。オススメの参考書を厳選しました

<高校数学> <大学数学> さらにオススメの塾、特にオンラインの塾についてまとめてみました。自分一人だけでは自信のない人はこちらも参考にすると成績が上がります。