上野竜生です。問35の答えを発表します。

問35

放物線C: y=x2+2x+4と、原点を通る直線ℓがある。
Cとℓの共有点の個数がちょうど1個となるとき、直線ℓの方程式をすべて求めよ。

 

答え

ℓがy軸と平行なとき,「x=0」

これとCの共有点は(0,4)のみなので条件を満たす。

ℓとy軸が平行でないときy=mxとおく

x2+2x+4=mxが重解を持てば良い。

x2+(2-m)x+4=0の判別式をDとすると

D=(2-m)2-16=m2-4m-12=(m+2)(m-6)=0

∴m=-2,6 となり直線の式は「y=-2x , y=6x」

以上より答えはx=0 , y=-2x , y=6x

 

解説を読んで数学がわかった「つもり」になりましたか?数学は読んでいるうちはわかったつもりになりますが演習をこなさないと実力になりません。そのためには問題集で問題を解く練習も必要です。オススメの参考書を厳選しました

<高校数学> <大学数学> さらにオススメの塾、特にオンラインの塾についてまとめてみました。自分一人だけでは自信のない人はこちらも参考にすると成績が上がります。