上野竜生です。問15の答えを発表します。

問15

x,yを有理数とする。

x2+y2=7であることはx3+y3=7であるための(  )。

①必要十分条件である
②必要条件であるが十分条件ではない
③十分条件であるが必要条件ではない
④必要条件でも十分条件でもない

 

答え  ③

 

x3+y3=7⇒x2+y2=7は偽。

[反例]:x=2 , y=-1

 

x2+y2=7⇒x3+y3=7は真。

[証明]x2+y2=7を満たす有理数x,yが存在すると仮定する。(存在しないことを背理法で示す)

\( x=\frac{a}{b} , y=\frac{c}{d} \)とおく。(a,bは互いに素。c,dも互いに素)

L=bとdの最小公倍数とする。

\( x^2+y^2=7 \\ ⇔\displaystyle \left(\frac{a}{b}\right)^2+\left(\frac{c}{d}\right)^2=7\)

両辺をL2倍すると,整数A,Bを用いてA2+B2=7L2とかける。

(\( x=\frac{A}{L}, y=\frac{B}{L} \)となっていることに注意)

右辺は7の倍数なので左辺も7の倍数。よってA,Bはともに7の倍数。

(∵↓の表よりA,Bを7で割った余りが(0,0)以外ではA2+B2を7で割った余りは0にならない)

Aを7で割った余り A2を7で割った余り
0 0
1 1
2 4
3 2
4 2
5 4
6 1

すると左辺は49の倍数だからLは7の倍数。

\( x=\frac{A}{L} ,y=\frac{B}{L}\)でありA,B,Lはすべて7の倍数

するとL=7kとおける。するとkもb,dの公倍数である。これはLが最小公倍数であることに矛盾。よってx2+y2=7を満たす有理数x,yは存在しない。

 

命題pが偽のとき命題p⇒qは真だから題意は示せた。(対偶命題を考えても良い)

 

 

解説を読んで数学がわかった「つもり」になりましたか?数学は読んでいるうちはわかったつもりになりますが演習をこなさないと実力になりません。そのためには問題集で問題を解く練習も必要です。オススメの参考書を厳選しました

<高校数学> <大学数学> さらにオススメの塾、特にオンラインの塾についてまとめてみました。自分一人だけでは自信のない人はこちらも参考にすると成績が上がります。