データの分析(数I範囲) 練習問題

上野竜生です。データの分析の基本事項は2ページにわたりかなり解説しました。応用すればかなり解けるはずなのですが応用パターンをあまり紹介していません。ですが応用パターン1つ1つを1ページにすると長くなるので実戦形式(クイズ形式)で用意しました。実力を試してみてください。

データの分析 練習クイズ

データの分析解説ページはこちら
データの分析 数I範囲
変数変換

スポンサーリンク

クイズ

Q1 10個のデータ

170.3 , 170.4 , 170.7 , 170.8 , 170.8

171.0 , 171.0 , 171.0 , 171.4 , 171.6

について述べたものとして間違っているものはどれ?
平均値は170.9である。
中央値は170.9である。
最頻値は171.0である。
四分位範囲は0.45である。

正解です !

間違っています !

Q2 平均が9であるデータがある。分散Vのとり得る範囲はどれか?
すべての実数
V≧0
V≦9
V≦81
0≦V≦9
0≦V≦81

正解です !

間違っています !

Q3 クラス30人で数学のテストを実施したときの結果を箱ひげ図で表した。次の箱ひげ図に関することとして正しいものはどれか?

箱ひげ図

 

選択肢1の図(正しいとは限りません)

ヒストグラム
ヒストグラムは上の図である。
平均点は60点より高い
40点以下の人は8人以下しかいない
30点台の人はいない

正解です !

間違っています !

Q4 漢字テストを行った結果

男子20人の平均点は6点,分散は2

女子10人の平均点は9点,分散は5

であった。全体30人の分散はいくらか?
3
3.5
5
7

正解です !

間違っています !

Q5 次の中で相関係数が最も小さい散布図はどれか?

 
選択肢A
選択肢B
選択肢C

正解です !

間違っています !

Q6 次のデータX,Yの相関係数はいくらか?

X: 平均(-1) , 分散4

Y: 平均8, 分散25

XYの平均((x1y1+x2y2+・・・+xnyn)÷n)=1
-0.07
0.09
-0.7
0.9

正解です !

間違っています !

Q7 20問の小テスト(1問1点)を実施した。

その結果平均点は8点,分散は1だった。

これを100点満点にするため全員の得点を5倍することにした。

さらに小テストの中には出題ミスで全員不正解の問題が2つあったので全員に無条件で10点を加えることにした。

このようにして得られた100点満点のテストの平均・分散はいくらか?
平均8点 分散1
平均40点 分散5
平均50点 分散5
平均50点 分散15
平均50点 分散25

正解です !

間違っています !

Q8 X,Yの相関係数は0.01である。

U=2X , V=-18Yと変数変換したときU,Vの相関係数はいくらか?
-0.36
-0.06
-0.01
0.01
0.06
0.36

正解です !

間違っています !

Q9

Xの分散は4, Yの分散は9であるデータがある。

U=X+YとおくときUの分散の取り得る範囲はどれか?
U=13
0≦U≦13
4≦U≦9
0≦U≦25
1≦U≦25

正解です !

間違っています !

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !

Subscribe to see your results

データの分析クイズ

%%total%% 問中 %%score%% 問正解でした !

%%description%%

%%description%%

Loading...

数学はもちろん他の科目も勉強できる「スタディサプリ」なら人気講師の授業動画で、塾にいかなくてもまるで塾にいったかのような勉強ができます。塾と比較すると格安で、しかも無料おためしもできます。当サイトオススメのサイトです。


スタディサプリについて解説したページはこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする