上野竜生です。問36の答えを発表します。

問36

2次方程式 x2+(2i+3)x+(3i+k)=0の実数解の個数が1個となるとき、実数kの値を求めよ。
iは虚数単位である。

 

答え

× よくある誤答例

判別式は(2i+3)2-4(3i+k)=5+12i-(12i+4k)=5-4k

判別式=0より\( \displaystyle k=\frac{5}{4} \)

判別式は解の公式のルートの中身なので判別式=0のとき重解です。
実数係数なら確かに実数解が1つとなりますが複素数係数では実数解が1つとは限りません。
実際\( k=\frac{5}{4} \)のとき,解は\( x=-\frac{2i+3}{2} \)となります。

 

○ 正答例

(x2+3x+k) + (2x+3)i =0 と変形できる。

xは実数解だから x2+3x+k=0・・・①かつ2x+3=0・・・②となる。

②より実数解は\( x=-\frac{3}{2} \)となる。これを①に代入すると

\( \frac{9}{4} – \frac{9}{2} + k=0 \)

これを解くと\( \displaystyle k=\frac{9}{4} \)

 

解説を読んで数学がわかった「つもり」になりましたか?数学は読んでいるうちはわかったつもりになりますが演習をこなさないと実力になりません。そのためには問題集で問題を解く練習も必要です。オススメの参考書を厳選しました

<高校数学> <大学数学> さらにオススメの塾、特にオンラインの塾についてまとめてみました。自分一人だけでは自信のない人はこちらも参考にすると成績が上がります。